ディジタル技術検定

資格・検定・試験の資格ナビ

資格ナビ
 ディジタル技術検定の資格情報。
 資格ナビは、資格の情報をジャンル別に検索できます。国家資格、公的資格、民間資格、採用資格の最新情報から、資格情報、試験実施日程、受験資格、試験内容、試験開催地、申込期間、問合せ先、試験問題集(参考書)、合格対策講座、通信講座などの詳細情報。
資格・検定・試験の掲載数:1224
 
 

 

 
資格ナビ > パソコン・ITの資格(公的資格) > ディジタル技術検定

ディジタル技術検定の試験情報

公的資格

ディジタル技術検定の試験情報。
ディジタル技術検定の最新情報をはじめ、資格試験情報、今年度の試験実施日程、受験資格、試験内容、試験開催地、申込期間、問合せ先、試験問題集(参考書)など、ディジタル技術検定の詳細情報を紹介させていただいております。
 

情報処理から制御までディジタル技術を中心とした文部省認定の資格。

ディジタル技術検定とは?

 ディジタル技術検定は、5級から1級までの5つのレベルに分けられており、中学・高校程度から第一線で活躍中の高級技能者まで、広い範囲の人を受験対象としています。さらに1・2級では情報部門と制御部門を分割し、それぞれの高度な専門知識を評価できるように配慮されています。段階を追って受験級を高めていくことで、包括的なディジタル技術の知識が自然と養われ、軸足のしっかりした堅固な知識を有することが期待できます。

 ディジタル技術検定では、情報処理から制御まで「ディジタル技術」を中心としてまとめました。1・2級では情報部門と制御部門を分割し、それぞれの高度な専門知識を評価できるように配慮されています。

試験実施:実務技能検定協会

ディジタル技術検定の試験日程

[第40回]
2010年6月27日(日)
[第41回]
2010年11月28日(日)

※ディジタル技術検定の試験開催日程は、必ず試験主催者にお問い合わせ願います。
※団体受験や開催地によって異なる場合がございます。

 

ディジタル技術検定の試験概要

 

受験資格

  学歴、年齢、性別、国籍など制限なし。

試験内容・試験出題範囲

 
1級
【情報部門】
・情報処理システムに必要な情報処理理論及び情報通信理論に通じている。
・計算機及び計算機関連機器の構造を理解している。
・マンマシンインターフェースに関する知識があり、プログラムが組める。
・各種システムプログラム及び応用パッケージに精通し、適用領域に関する見識を備えている。
・ソフトウェア生産管理及びシステム構成の方法論に通じている。
・業務に適したネットワークの設計及び選定ができる。
・情報処理システムの導入及び運用に対して適切な助言ができる。
【制御部門】
・回路理論及びアナログ電子回路を理解し、必要な設計ができる。
・論理設計理論及び自動制御理論を理解している。
・通信システムを理解している。
・計測及び制御機器に精通している。
・計算機及び計算機関連の機器に精通している。
・ハードウェア対応のプログラムが組める。
・制御システムの設計及び運用ができる。
・計算機応用機器の概要を知っている。
2級
【情報部門】
・情報処理理論及び情報通信理論の知識がある。
・ファイル設計及びデータ構造に関する基本知識がある。
・計算機本体装置に関する知識がある。
・計算機周辺機器に関する知識がある。
・計測及び制御に関するソフトウェアの知識がある。
・各種の数値解析手法の原理を知っている。
・高級言語によるプログラミングの設計、試験及び運用ができる。
・システム構成に関するソフト的知識がある。
【制御部門】
・電子素子及び電子回路の知識がある。
・アナログ・ディジタル変換に通じている。
・論理設計の知識があり、論理回路が組める。
・自動制御理論を理解し、計測及び制御機器に関する知識がある。
・計算機本体に関する知識がある。
・補助記憶装置及び入出力装置に関する知識がある。
・システムをはたらかせるソフトウェアの知識がある。
・ディジタル応用機器について、概要を知っている。
3級
・電子部品及び電気回路の基礎知識がある。
・アナログ・ディジタル変換の概念がある。
・2進数、10進数及び16進数による演算、相互変換ができる。
・論理関数の基本原理が分かり、論理回路が構成できる。
・簡単な計測、制御機器及び素子に関する知識がある。
・原理的な計算機の構成及び制御の考え方が分かる。
・計算機システムを構成する各種機器の機能概要及び用途を知っている。
・各種ソフトウェアの名称、用途及び特徴を知っている。
・日常生活にコンピュータが利用できる。
4級
・中学校程度の理科及び技術の知識がある。
・ディジタルとアナログとの区別ができ、特徴をつかんでいる。
・2進整数の計算ができる。
・基本的な論理が分かり、簡単なディジタル論理素子の動作が分かる。
・簡単な電気・物理変換の原理が分かる。
・計算機の必要性及び簡単な機能が分かる。
・プログラミングの必要性及び簡単なソフトウェア用語が分かる。
・日常生活に用いられる計算機応用機器の操作ができる。
5級
・コンピュータのしくみが分かる。
 …処理装置、記憶装置及び入出力装置のはたらき及び使い方の初歩的な知識がある。
 …進数など、情報及びデータのディジタル表現についての初歩的な知識がある。
・ソフトウェアのはたらきが分かる。
 …情報を処理する手順がわかる
 …ソフトウェアの種類及び機能の初歩的な知識がある〈日本語ワードプロセッサ、データベース、表計算、図形及び通信処理など
・日常生活の中でのコンピュータ応用例が分かる。
 …身近なコンピュータ装置の簡単な操作ができる。
 …日常生活の中でコンピュータが果たしている役割についての初歩的な知識がある。

受験目安

 
1級
【情報部門】
情報処理理論、情報通信理論及びプログラミング方法論をよく理解し、情報処理システムの構成法、試験、運用法及びプログラム開発をよく修得しているとともに、実務の指導ができる。
【制御部門】
論理設計理論、自動制御理論、情報処理理論及び情報通信理論をよく理解し、制御システムの動作、設計、試験及び運用法をよく修得しているとともに、実務の指導ができる。
2級
【情報部門】
やや高級な情報処理理論及び情報通信理論を理解し、各種情報処理装置の動作原理及び利用技術を知り、設計、運用、応用などの実務ができる。
【制御部門】
やや高級な論理設計理論及び自動制御理論を理解し、計算機、計算機応用装置の動作原理及び利用技術を知り、設計、試験、運用などの実務ができる。
3級
基礎的な論理設計及び情報処理の知識を持ち、情報処理装置及び制御装置の基本原理並びに簡単な応用技術の原理を理解し、これを利用することができる。
4級
初歩的なディジタル技術及び情報処理の知識を持ち、簡単な計算機応用機器及び制御用機器の動作を理解し、これを操作することができる。
5級
コンピュータのしくみ、ソフトウェアのはたらき及び日常生活の中でのコンピュータ応用例についての初歩的な知識がある。

問題形式

 
1級
筆記試験、記述式
120分(1級は情報部門と制御部門とに分かれ、それぞれ独立しており別個の受験になります)
2級
筆記試験(マークシートによる多肢選択方式)
90分(2級は情報部門と制御部門とに分かれ、それぞれ独立しており別個の受験になります)
3級
筆記試験(マークシートによる多肢選択方式)
60分
4級
筆記試験(マークシートによる多肢選択方式)
60分
5級
筆記試験(マークシートによる多肢選択方式)
45分

申込期間

  試験日の1ヶ月前まで

試験日程

  年2回(6月、11月の第4日曜日)

試験開催地

  全国主要都市

受験料金

  [1級] 6,500円 [2級] 5,000円 [3級] 4,000円 [4級] 3,000円 [5級] 2,000円
※受験料はいずれも税込み。
※2つの部門を併せて受験する場合は、両方の検定料を合計した金額となります。
※1級のみ、他級との併願はできません(1級情報・1級制御の併願は可)。

試験申込方法

  1.インターネット申込
2.申込書(願書)による申込

免除制度

  -

試験対策の事前講座

  -

合格点・合格基準

   

合格発表・合否結果

  本人へ郵送で通知

合格率

   

称号付与制度

   

資格試験の開始年

   

備考

   
 

実務技能検定協会(ディジタル技術検定の試験実施機関及び問合せ先)

 

試験実施機関名

  実務技能検定協会 ディジタル技術検定部

資格試験の公式ページ

  ディジタル技術検定の試験案内ページ
 - ディジタル技術検定の試験概要。

所在地

  〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4-2-38 ユーキャンビル1F

問合せ先

  TEL:03-3361-1541 FAX:03-3361-3320

備考

   
 

ディジタル技術検定の関連問題集・参考書

   
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
スポンサードリンク
 
 

 

 

資格・検定・試験一覧

資格ジャンル

 
語学・言語
英語・英会話
日本語
語学
パソコン・IT
パソコン・コンピューター
情報処理・プログラミング
各種ソフトウェア
インターネット・WEB
CAD・DTP・グラフィック
携帯電話・モバイル
ビジネス・経営
金融・証券・保険
経営・経理・財務
労務・人事・調査
旅行・観光
販売・サービス
事務・実務
電気・通信
電気・通信
不動産・建築
不動産
土木・建築
車両・機械
車両・自動車
航空
船舶
医療・介護・福祉
医療・救急
カウンセリング・ケア
介護・福祉
理美容・健康・癒し
美容・理容
健康・治療・癒し
デザイン
デザイン・ファッション
インテリア
環境・工業・安全管理
環境
安全管理
化学・工業技術
動物・生物
動物・ペット
畜産・養殖
スポーツ・レジャー・アウトドア
アウトドア・レジャー
スポーツ(指導員・審判)
スポーツ(競技者・選手)
グルメ・食品
グルメ・食品・飲料
調理・加工
趣味・ご当地検定
ご当地検定一覧
生活・趣味
音楽・美術・芸術

おもしろ検定
法律・行政
司法・法律・法務
公務員
教員・教育
警察・消防・防衛
技術・技能
技能士・職人
技能審査認定制度
 
   
ヒューマンアカデミー   
医療事務  広告募集中
 
 

 

 
資格ナビについて
・資格ナビは資格・検定・試験などの各種情報提供を目的としています。
・掲載されている資格・検定・試験などの受験資格、試験内容、申込期間、試験日程、試験開催地、申込期間、合格発表、合格率、問合せ先などについては万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対してのお客様やその他の第三者に生じた損害については一切責任を負いません。
・サイト掲載後の各社の資格・検定・試験の変更については随時しておりますが、最新の試験情報は実施元のホームページなどでご確認願います。
・本サイト「資格ナビ」のデータおよび記載内容は、いつでも、提供を中止および内容が変更されることがあります。
・掲載の記事および情報の無断転用を禁じます。本サイトのデータおよび記載内容を再配布、再配信することを禁じます。また、営業・非営業目的で転用、複製、改変、転貸、譲渡、再販、使用することを禁じます。

株式会社ゼタセグメント

資格ナビ

資格ナビは、資格・検定・試験の情報をジャンル別に一覧。国家資格、公的資格、民間資格、採用資格など掲載。
運営組織概要 免責事項 資格ディレクトリ
 
【資格五十音検索】           A〜Z
 

資格ナビに掲載おります記事や写真、画像などの無断転載を一切禁止致します。著作権は資格ナビ又は情報提供者に属します。

Copyright (C) 2005-2014 資格ナビ All rights reserved.